施設案内

観光の間に一休み。
そんな時は『曽々木食堂』へいらっしね。心もお腹も満腹になること間違いなし! 軽食から、海の幸てんこ盛りの定食や丼物。迷ってしまいます。

能登丼

能登丼とは・・・
食材(お米から野菜・水に至るまで全て)や器などにおいて、全部の物を能登半島産でつくり、 オリジナリティあふれる丼であることが定義づけられています。

また、お箸も能登産のものを使い、プレゼントとしてお持ち帰りいただけます。

曽々木食堂

曽々木食堂

いしるとは・・・ 能登半島北部で古くから作られているイカの内臓や、イワシを丸ごと塩漬けして発酵させた魚醤油のことをいいます。秋田の「しょっつる」、香川の「いかなご醤油」と並ぶ 日本三大魚油の一つです。
隠し味程度に使用してみてください、旨みとコクが増します。濃厚な旨みと風味が魅力的な「いしる」、その味をぜひご賞味ください。当店ではクセの少ない「いかいしる」を地元の甘い醤油と合わせて使用しています。

曽々木食堂では、 大好評の能登丼や、オリジナルメニューの他、麺類や丼物もご用意しております。

〒928-0206
石川県輪島市町野町曽々木シ部57